《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:15-1-2019

減量でリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

減量のリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらに減量前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
減量なのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんな減量の敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとした減量計画を立てていきましょう。

減量で
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
ぼくたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間のからだには、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食べる事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境にからだを対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
からだのほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、減量を続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
つい減量を断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
減量をやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながらからだに脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
減量でリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!


《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す