《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる



《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:03-8-2014


ぐっども~に~んんん(テンション低ぅ

レモンの酸味成分のクエン酸に、脂肪燃焼効果があることから、
「レモン水減量」が注目されています。

レモン水減量は…
レモン汁1/4個分と
ミネラルウォーター200mlを混ぜ合わせたレモン水を
一日3回、食事の後にコップ1杯(約200ml)飲みます。
食事の前やお腹がすいている時は、
胃に負担がかかるので避けましょう。
…という簡単なダイエット法です

レモンって、
減量の強~い味方なんですよね!

まず、脂肪燃焼効果。
レモンに含まれるクエン酸が、代謝をスムーズにします。
また黄色の成分であるへスペリジンは、脂肪の吸収を抑えます。

次に、疲労回復効果。
クエン酸は、疲れの原因である乳酸を分解します。
疲労を感じたときは、
板チョコのような甘いものよりレモンを食べましょう。
ローカロリーな上、効果が期待できますよ!

そして、美肌&若返り効果。
豊富なビタミンCは肌を美しく保ちます。
また抗酸化作用により、肉体の中からの老化を防止します。

さらに、ストレス解消効果もあります。
レモンの香りの成分である
「リモネン」は精神をリラックスさせます。
ストレスは肉体の中のビタミンCを消費させるので、
レモンで補給しましょう。

簡単にでき、制限が少ない…
魅力的なレモン水減量。

もちろん、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば太りますので
「レモン水さえ飲んでいれば大丈夫」という訳ではありませんが、
レモンのさまざまな効能は、減量にとても役立ちます。

さわやかなレモンのパワーで、
肉体の中からキレイになりましょう。

とっぴんぱらりのぷう
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

★メニュー

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する今話題のレーシック