《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:10-10-2018

こんちわっすー

皆さんは
ダイエットを実践する時に、
ご飯からオイルを排除することを重視していませんか?

でも、
体の中でオイルがに不足すると、肌につやがなくなり、
一生懸命にスキンケアをしても、効果が出にくくなるんですよね!

これは、皮脂がうまく出てくれなくなる為で、
肌の他にも、髪につやが無くなったり、
頭皮が乾燥してフケが出やすくなることもあります。

オイルと一緒に摂取することで、
効率良く吸収してくれるビタミンも存在していますので、
完全にご飯からオイルを排除するのは、よろしくないみたいです。

ダイエットを成功させる為には、
オイルの種類に気を配ることが大切なんです。

まず、ダイエットで避けたいオイルは
「トランス脂肪酸」と呼ばれているもので、
マーガリン、ショートニング、おかしなどに多く含まれています。

日々の生活の中で、過剰摂取しやすいオイルは、
「オメガ6」といわれるもので、
紅花油、サラダオイル、市販のドレッシングなどに多く含まれているので
注意しましょう。

ダイエットの時でも摂取したいオイルは、
「オメガ3」といわれるもので、
青身の魚類やサーモン、大豆、クルミ、亜麻仁油などに含まれているオイルです。

オイルの製品表示に、
EPA、DHA、アルファ・リノレン酸と表示されているものが、
ダイエットの時に摂りたいオイルなのです。

また、「オメガ9」というオイルも、
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、
健康的なダイエットには欠かせません。

オレイン酸は、この「オメガ9」の代表的なもので、
オリーブオイル、アボガド、ゴマ油、アーモンド、カシューナッツ、
マカダミアナッツなどがあります。

オイルの種類に気をつけて、美しくダイエットしましょう!

今日はおしまい!!!

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す