《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:14-1-2019

減量しようと考えたとき、
まず食べる事の量を制限しようとしますよね。

摂取するカロリーを抑えると、
それまでに蓄積されたエネルギーが消費される事により
体重は一時的に減りますが、
同時に筋肉まで減ってしまいます。

筋肉というのは、
体の中でいちばんエネルギーを消費する部分なので、
その筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ちて、
脂肪が燃えにくく、痩せにくい体になってしまいます。

さらに、
体に入ってくるエネルギーが少なくなると、
体は飢餓状態になったと錯覚して、
入ってくる栄養分を体に溜め込もうとします。
それもまた、
脂肪を体にためやすくなる原因になるのです。

また、
減量して体重は減っているのに、
体脂肪が落ちない…という現象もあります。

体脂肪を効率的に燃やすためには
食べる事内容の改善ももちろん大切ですが、
あわせて体操をすることが大切なんです。

食べる事制限だけの減量では、
体重が落ちるのに比べて、体脂肪の減少は少なくなりがち…
しかも同時に筋肉も減少してしまいます。

これに対して体操を加えた減量は、
筋肉量を増やすので基礎代謝量もアップし、
体脂肪が燃えやすい体になるのです。

とは言え、
長年かけて体にため込んだ脂肪を燃焼させるのは
そう簡単ではありません。

ちなみに
脂肪1kgを燃やすには
約7000kcal消費する必要があると言われています。

例えば…
体重60kgの人が60分ウォーキングして、
消費するエネルギーは約250kcalです。
それをひと月毎日続けて、
やっと7000kcal消費という計算になります。

まさに継続は力なりですね。
短期間で結果を出そうとあせらずに、
ゆっくり減量に取り組みましょう!




《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す